車一括査定 デメリット

車一括査定のメリットは、無料で申し込めて、下取りよりも数十万円高く売れることですが、デメリットはなんでしょうか。

利用経験のある方は、真っ先に電話が思い浮かぶと思います。車一括査定サイトで申し込むと、一斉に買取専門業者に連絡がいくので、じゃんじゃん電話がかかってきて驚かされます。わたしは、その心理的な負担が一番のデメリットだと思います。

最大で10社もの見積もりが取れるので、業者側としては連絡が遅れると、利用者さんに「他のところが来てくれるので、もういいです」と言われてしまうかも…と考えて慌てて連絡してくるわけです。

実は、営業の電話は常識的な時間にしないと、消費者庁から注意を受けるので、あえて夜中(9時以降)に申し込む、という手があります。ただ、これも夜が明けたら電話は大量にかかってくるので、その場しのぎにしかなりません。

電話対応が面倒、というデメリットを避けたければ、メール連絡を選ぶことができる一括査定サイトから申し込むといいです。

 

しかし、電話がかかってくると分かっていれば、自分のスケジュールを確認しておいて、携帯とメモとペンを近くに用意して、のんびりしていればいいので、さほど負担は感じないかもしれません。また、電話対応ぐらい何でもない、むしろメールで文章を打つのが面倒だ、という方にとっては、デメリットはほとんどない、と言えます。その場で完結できる電話対応は、早く売りたい人にとっては逆にメリットになります。

一括査定サイトによっては、申し込みのときに個人情報や車の情報を、細かく入力しないといけないサイトもあるので、その点をデメリットと思うかもしれません。そういう場合は、入力項目の少ないサイトから申し込むといいと思います。

 

地域によっては、各業者の店舗ごとでクセのある営業さんに当たってしまうかもしれませんが、そういう営業さんも一括査定サイトに連絡すると、たいてい代わりに断ってくれます。一括査定サイト自体のデメリットは本当に少ないということです。

ちょっとメール入力や電話対応というデメリットを我慢すれば、ディーラーでの下取りよりも、数十万円も高く買い取ってくれるので、利用しないと絶対に損です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。